スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北朝鮮追加制裁、送金など監視強化検討(読売新聞)

 政府は24日、韓国哨戒艦沈没事件を受けた北朝鮮への追加制裁として、北朝鮮への送金や現金持ち出しの監視強化、北朝鮮に渡航する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部らの再入国規制強化などの検討を始めた。

 28日にも閣議決定する方針だ。鳩山首相は24日夕、韓国の李明博(イミョンバク)大統領と電話で会談し、大統領が発表した対北朝鮮制裁措置を支持したうえで、「北朝鮮は韓国だけでなく日本にも明白な脅威の要因だ。日本も北朝鮮への独自の制裁措置を検討している」と伝えた。

 これに先立ち、政府は首相官邸で安全保障会議(議長・首相)を開き、首相は〈1〉独自制裁の検討の早期開始〈2〉韓国を強く支持し、国連安全保障理事会などでの日米韓3か国の連携を強化〈3〉貨物検査特別措置法案の早期成立〈4〉情報収集の強化など国民の安全安心の確保――を指示した。政府は、韓国が国連安全保障理事会に対北制裁決議案を提出した場合、賛成する方針だ。

 貨物検査特別措置法案は、国連安保理の対北制裁決議に基づき、海上保安庁と税関が北朝鮮船舶の貨物検査を実行することなどが柱で、28日に成立する見通しだ。首相は24日夜、首相官邸で記者団に、「日本としても独自制裁を考えている。人、モノ、金とさまざまある」と述べた。

レクサスのリコール届け出へ=最上位モデルの4509台―トヨタ(時事通信)
農家への補償案を提示へ=山田副大臣が宮崎知事らに(時事通信)
トラック引きずられ?男性死亡 大阪・港区(産経新聞)
<性犯罪>市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」(毎日新聞)
国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(読売新聞)

<中国毒ギョーザ>袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長(毎日新聞)

 中井洽国家公安委員長は18日の閣議後会見で、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件を捜査した千葉県警が当初、包装袋の穴を発見できなかったことについて「日本の証拠調べの方がずさんであったというのは誠に恥ずかしく残念」と述べた。

 その上で「事件を契機に、各県警が初動調査を十分慎重に、科学的におやりいただくことを強く望みたい」と苦言を呈した。

 警察庁は今月中にも中国に捜査員を派遣し、情報交換する。【合田月美】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:千葉の被害者が食べた2袋にも穴 科警研
毒ギョーザ事件:日中警察会議が終了 捜査協力継続を確認
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議
中国毒ギョーザ:21日から日中警察会議
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換

機関紙配布の元厚労省課長補佐、2審も有罪(読売新聞)
木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
<青木幹雄氏>「参院自民、流動化も」 不出馬で政界に波紋(毎日新聞)
<普天間移設>官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)
ポイント故障でJR総武線など一時運転見合わせ(読売新聞)

62歳男性か、民家に遺体=殴られた跡、殺人の可能性−神奈川県警(時事通信)

 6日午後6時半ごろ、神奈川県横須賀市ハイランドの無職小林章浩さん(62)方に、男性の遺体があるのを県警浦賀署員が見つけた。遺体には殴られたような跡があることから、同署は事件の可能性があるとみて捜査。小林さんと連絡が取れないことなどから、遺体は小林さんとみて身元の確認を進めている。
 同署によると、遺体は死後数日から数週間経過しているとみられる。2階建ての小林さん方の1階台所で、毛布を掛けた状態で横たわっていた。室内に荒らされたような形跡は見当たらないという。小林さんは1人暮らしだったとみられる。 

偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
知人のトルコ人を誤認逮捕=強制わいせつ事件−宮城県警(時事通信)
<もんじゅ>炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
コンビニ強盗関与か、包丁所持の19歳自衛官を逮捕 京都・舞鶴(産経新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)

<地域政党>「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は26日、減税を軸にした新しい地域政党「減税日本」を結成した。同日午前、愛知県選挙管理委員会に政治団体として届け出、自らが代表に就いた。

 河村市長は記者会見を開き、「減税は絶対的な政治の原点。相当な使命感を持って訴え続ける勢力をつくらないかん」と述べ、減税を政策の第一に掲げる考えを示した。

 河村市長が政策の根幹に据える「市民税10%減税」は、市議会が恒久化に反対し、1年限りの時限措置に修正された。市長は、支援団体とともに議会解散のための署名運動への動きを本格化させている。市長は市議会解散による選挙か、任期満了に伴う来年4月の統一地方選で候補者を擁立。75の定数の過半数の議席獲得を目指す。現段階で新党に参加を表明している現職市議はいないが、市長の支援団体で市議候補を募集しており、既に約50人集まっているという。

 河村市長は「(減税の時限措置化は)市民不在で決められた。覆すには市民が立ち上がるしかない。減税を勝ち取るための勢力を一人でも多く立てる」と語った。今のところ、参院選での候補者擁立は考えておらず、参院選は民主党の応援に回ることを決めている。【高橋恵子】

【関連ニュース】
みんなの党:名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表
名古屋市議会:民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ
名古屋市議会:恒久減税案など 委員会で全会一致で否決
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加

共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
米兵放火の賠償金8年未払い、防衛省作業遅れ(読売新聞)
JR西強制起訴 抱える難問 同じ証拠で異なる立証 被害者多数、どう意見反映(産経新聞)
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木(産経新聞)
<空港売却構想>伊丹の土地評価「1000億〜2000億円」 前原国交相(毎日新聞)

<新・多能性幹細胞>「ミューズ」と命名…東北大チーム発見(毎日新聞)

 大人の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞になる能力を持つ多能性幹細胞があることを、出沢真理・東北大教授らの研究チームが発見した。分離・培養も成功した。胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に続く多能性幹細胞の可能性があるとして、「Muse(ミューズ)細胞」と命名した。既知の2種類に比べ増殖率は劣るが、がん化の恐れは低く、医療への応用が期待されるという。

 成果は、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。研究チームは、ヒトの骨髄や皮膚に含まれる細胞中にごくまれに現れるES細胞に似た細胞に着目。濃縮・培養すると、神経や筋肉、肝臓などの細胞に分化した。

 また、無限に増えるES細胞やiPS細胞と違い、2週間ほどで増殖が止まった。さらに、マウスの損傷した皮膚や筋肉、肝臓に投与すると、それぞれの組織の細胞になった。精巣に移植すると、ES細胞では8週間後に腫瘍(しゅよう)ができたが、Muse細胞は半年たっても腫瘍化しなかった。【須田桃子】

【関連ニュース】
iPS細胞:「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研
ES細胞研究:生殖細胞作成 4月にも解禁
iPS細胞:疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に
ヒト生殖細胞研究

普天間問題、5月末に方向性 鳩山首相発言が後退(産経新聞)
山崎さん帰還、1日延期の恐れ=アンモニアタンクに不具合(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 (産経新聞)
橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)

手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認−長崎県警(時事通信)

 長崎県佐世保市で、警官2人が職務質問した男に刺され重軽傷を負った事件で、殺人未遂と傷害容疑で指名手配されていた自称住所不定、無職神山望容疑者(33)が13日、福岡県警南署に出頭、同容疑で逮捕した。長崎県警によると、刺したことは認めているが、殺意については否認しているという。凶器とみられる折り畳み式ナイフ(刃渡り約10センチ)も所持していた。
 神山容疑者は12日未明、佐世保市のJR早岐駅近くの路上で職務質問を受けた際、長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)と川渕圭巡査部長(42)をナイフのようなもので刺して逃走したとされる。 

小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)
橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)
ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)
「専用駐車区間」を導入=高齢者ら対象、全国362カ所−19日から・警察庁(時事通信)

中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、中国青海省で起きた地震に関し「邦人が被害にあったという情報には接していない」と述べた。 

【関連ニュース】
現時点で邦人被害の情報ない=在チリ大使館

<飲酒運転>取消処分者の講習強化 今秋から(毎日新聞)
お台場で大量発炎筒燃える=メーカー男性引っ越し中、一時騒然−東京(時事通信)
小学生2割、中学は5割弱=携帯所有、減る傾向−内閣府調査(時事通信)
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
沖縄返還文書訴訟 日米密約認め、国に開示命令 東京地裁(毎日新聞)

熱気球 渡良瀬バルーンレース開幕 青空にカラフル25機(毎日新聞)

 熱気球の操作技術を競う「渡良瀬バルーンレース2010」(同組織委員会主催)が9日、栃木市藤岡町の渡良瀬運動公園で始まり、国内外から参加したカラフルな熱気球25機が青空に浮かんだ。

【写真特集】空から見たニッポン 風景 こちらは佐賀バルーンフェスタ

 午前6時半過ぎ、巨大バーナーで暖めた空気で膨らんだ熱気球が次々と上昇。風向きや風速を見極めながら、地上のターゲットめがけて砂袋を投下して得点を競った。

 11日までの期間中、熱気球の構造を学ぶ教室や、係留した熱気球をライトアップする「バルーン・イリュージョン」などがある。問い合わせは同組織委員会(042・394・9078)。【中村藍】

【関連ニュース】
【関連写真】巨大なちょうちん おやまバルーンフェスタ 07年11月
【写真特集】日本の祭り 佐賀バルーンフェスタも
【写真特集】開国博Y150:巨大バルーン浮かぶ 09年4月
楽しい駅名☆駅舎 毎秋、出現「バルーンさが駅」
世界の雑記帳:メキシコのピラミッドに熱気球、春分の日イベントで

犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
<社会人野球>セガサミー準決勝へ 静岡大会(毎日新聞)
「学ぶとは、自分で考えて」=ノーベル賞小林誠氏が講演−神戸大入学式(時事通信)
<元次官宅連続襲撃>謝罪の意思みせず 傍聴席むなしく(毎日新聞)

<交通事故>トラック横転し道路ふさぐ 15キロ渋滞 兵庫(毎日新聞)

 2日午前6時25分ごろ、兵庫県高砂市北浜町の国道2号姫路バイパス上り線で、岡山県新見市の運送会社の大型トラック(13トン)が、岡山市の男性会社員(45)運転の乗用車と接触。トラックは横転し、道路をふさいだ。同バイパスは別所−高砂西間が約3時間半通行止めになり、最大約15キロ渋滞した。トラックの運転手(23)らにけがはなかった。

 県警高速隊によると、現場は3車線の直線道路。トラックは岡山市から和歌山県内に向かっており、中央車線から追い越し車線に入ろうとして乗用車と接触、横転したという。復旧作業中、積み荷の鶏ふん約700袋(約10トン)が道路に散乱した。【吉川雄策】

【関連ニュース】
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
死傷事故裁判:刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ
酒気帯び運転:中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り
横浜・東名高速:トラック横転、車線ふさぐ 一時通行止め
常磐道引きずり死:運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決

<力士暴行死>時津風前親方に懲役5年 名古屋高裁は減刑(毎日新聞)
北九州の社長遺体遺棄、容疑の元従業員逮捕(読売新聞)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる−道警(時事通信)
<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)

 【ニューヨーク=松尾理也】米ニューヨーク・タイムズ社は24日、同社の傘下にある国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載されたシンガポールのリー・シェンロン首相らをめぐる記事に問題があったとして、同首相や、父親のリー・クアンユー同国元首相らに謝罪したことを明らかにした。ロイター通信によると、同社は16万シンガポールドル(約1千万円)を支払うという。

 問題になったのは、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に定期的に寄稿している評論家フィリップ・ボウリング氏が執筆した2月15日付の記事。謝罪文は24日、ニューヨーク・タイムズ紙ウェブサイトのオピニオン面に掲載された。

 謝罪文によると、ボウリング氏は1994年、シンガポール政府との間で、シェンロン氏が首相の地位を得たのは父親のクアンユー氏の縁故によるものであると書いたり、ほのめかしたりしないとの合意を行っていた。にもかかわらず、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事は「シェンロン氏が実力で首相の地位を得たのではないと推測させるような内容を含んでいた」とした上で、「そうした推測は本意ではなく」、シェンロン氏やクアンユー氏に謝罪する、としている。

 首相らの代理人がロイター通信に明らかにしたところでは、ニューヨーク・タイムズ社と担当の編集者、ボウリング氏は合同で、計16万シンガポールドルを支払うという。

 ボウリング氏は94年、シンガポールを批判する内容の記事を書いたため同国の裁判所で名誉棄損に当たると認定されていた。今回の謝罪文が明らかにしているボウリング氏とシンガポール政府間での合意とは、これに関連したものとみられる。

【関連記事】
ウィーン少年合唱団が過去の虐待疑惑で謝罪
ローマ法王が児童虐待問題で歴史的謝罪
過ちを認めても謝罪はせず 国益の間で葛藤する各国
カダフィ氏への発言で謝罪 米国務次官補
南ア大統領、隠し子騒動に謝罪も…野党、追及ゆるめず

首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…(産経新聞)
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
<無料低額宿泊所>無届け施設も規制 議員立法へ骨子案(毎日新聞)
交通安全講習 受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理 無料相談
ネイルサロン
債務整理無料相談
探偵社
探偵事務所
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM